忍者ブログ

Hei-bonの中に見つける小さな幸せ

学生時代のアクティブな生活とは違う平々凡々な毎日でも、たとえ小さくとも思わず顔がほころんでしまう「幸せ」は必ずある

09/19

Fri

2014


行ってきました、富士山。

以前は職場の繁忙期が8月いっぱいで終わり、世間の夏休みが終わったあとの
山小屋がまだ開いているほんの少しの時期を狙って登っていました。

しかしここ数年、繁忙期終了が遅くなり、今年はとうとう9月18日しかアタックすることが
できませんでした。

すでに山小屋の営業は終了しています。もちろんトイレも使えません。
食料などは持参するしかありません。水分補給とトイレとのバランスが難しいです。

吉田ルートですが、人っ子ひとり居ません。完全に貸し切り状態です。



6合目まで誰とも会いませんでした。


それにしても視界が悪いです。
天気がとても心配・・・。


だんだん寒くなってきました。
いつもは5合目は半袖でスタート、6合目で長袖
7合目でウインドブレーカー・・・という感じでしたが
6合目の時点でかなり寒く、すでにシャツ2枚と寒さ対策で持ってきた
予備のセーター、ウインドブレーカーを着込みました。


7合目を過ぎ、いよいよ寒くなってきたのでやむを得ずヤッケを着ます。
実はそれが大失敗の元だったのです。

それは汗をかき、通気性の悪いヤッケによって内側で服が濡れ
低い気温で余計寒くなったのです。

本8合目を目前にとうとう限界、ギブアップです。
本来なら下山道を下りますが、仕方なく登山道を下山。
下山中に何人かの人とすれ違いましたが、
ここを下る=リタイヤなので、ギブアップがバレバレ。



5合目の駐車場まで戻り気温を確認したところマイナス2度だったようです。
そりゃ寒いはずだ。こうなると、もはや観光登山のレベルではありません。
それなりの装備でないと無理です。

登山は行きはよいよい帰りはヘトヘト。下山分の体力を残しておかないと
動けなくなり救助を要請しなくてはならなくなります。しかもこの時期は
周りにほとんど人が居ないので助けを求めるにも困難な状況。携帯が
つながる場所ならいいのですが、そうでないとただ死を待つのみの可能性もあります。

大事なのは引き返す勇気ですね。
人ごみが嫌いなのでシーズン中の登山は避けていましたが、休みが取れて、かつ
今ある装備で富士登山ができる機会がもうなさそうですので、これを機に頂上を目指す
富士登山は引退しようと思います。

拍手[0回]

PR

Comment

富士登山(^-^)

  • 裕子
  • 2014-09-19 17:15
  • edit
今年も富士山に登られたのですね(^-^)
私は17、18日と、無事に八ヶ岳に行って来られて、道中、富士山見えるかなぁと思いながら景色を見ていましたが、曇り空で、NOBUさんの居る富士山は、全く見えませんでした(^-^ゞ

ホテルでの夕食は、フランス料理が出て、テーブルの上の左右に3本ずつ、ナイフとフォークが置かれてあって、最初に外側のものを使うのだったか、内側のものを使うのだったか、フランス料理なんて1~2度しか食べたことがなかったので、もう忘れてしまっていました(^-^ゞ
朝食はバイキングで、ほっとしました(笑)

八ヶ岳も肌寒かったですが、富士山もかなり寒かったご様子なので、風邪をひかないように、気を付けてくださいね(^人^)

Re:富士登山(^-^)

  • NOBU@Master 〔管理人〕
  • 2014-09-20 11:16
フランス料理ですか、優雅ですな~。
パンピーには縁の無いものです。

どうもあのフォークとナイフってやつが苦手で、レストランに行っても
ハンバーグはナイフで切って、箸で食べます。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

プロフィール

HN:
NOBU@Master
性別:
男性
趣味:
土木遺産調査
自己紹介:
一般人には興味の無いようなものに興味がある。

「無用の用」という言葉が好きである。
特に意味は無い。
http://iminashi.soudesune.net

こちらもどうぞ

最新コメント

[05/03 NOBU]
[05/01 田中のぶあき]
[09/06 NOBU]
[09/06 田中のぶあき]
[09/06 田中のぶあき]

オススメ商品


カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
2 3
5 6 7 8
11 12 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

忍者カウンター

Copyright © Hei-bonの中に見つける小さな幸せ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]